対人、対物、人身傷害が基本であとは車両保険を判断するだけ

ネットの質問掲示板の自動車保険のジャンルには、代理店の方々の回答がとても多いのをご存知でしょうか。

代理店をやっているだけに保険に詳しいのはいいのですが、商売敵ともいえる通販型保険の自動車保険を根拠もなしに悪し様にいう回答が非常に多く、がっかりしてしまいます。

中には明らかに事実と違うことまで言って通販型を中傷するような回答もあり、「なんだこれは」と腹立たしくなるときさえあります。

そんな回答の一つに、

「通販型は補償の組み立て事故時の交渉などもみな自己責任になるから初心者や保険に詳しくない人には無理」

というような言い方があります。

早く言えば「自己責任の通販型は素人ではケガするから代理店にしなさい」と脅しているようなものです。

果たして本当に自動車保険の加入というのは代理店が言うように難しいものなのでしょうか。

初心者には手におえない複雑で面倒なことなのでしょうか。

これまで何回も通販型の任意保険に加入してきた経験から言うと、決してそんなことはありません。

まず補償の組み立てについてですが、「自動車保険の標準的な補償プラン」とか「自動車保険の補償選び」などといったワードで検索するだけで、参考になるサイトがたくさん出てきます。

保険会社の公式サイトでも良いですし解説サイトでも良いですが、いくつか見てみるだけで、自動車保険の補償はどこの保険会社でも「対人・対物:無制限、人身傷害:3千万円」が基本になっていることがわかります。

あとは自分の事情に応じて車両保険を付けるかどうかを判断するだけです。

第2案も持ちたいのであれば人身傷害を5千万円にしてみればいいでしょう。

これだけで、代理店が提案するのと同じような自動車保険の補償プランが出来上がります。

代理店任せにするのと比べて自動車保険の勉強にもなりますし、自分で調べただけに「相手方のケガや死亡、物的損害については無制限の補償、自分や同乗者のケガについては過失100パーセントの場合でも○千万円までの補償」というように、これから加入する任意保険の補償内容を自覚することができます。

車輌保険が必要な場合は、やはりどこの保険会社でも良いですから通販型の公式サイトを見ると、車両保険にはフルカバーの一般型と保険料がグッと割安になるエコノミー型があることがすぐにわかると思います。

ここまで来たら、あとはお目当ての保険会社の公式ページから契約の手続きへ進むか、無料一括査定で各社の保険料を比べて保険会社を選び契約手続きに進むかということになります。

いかがでしょうか。通販などでネットを使っている方などから見れば、本当に簡単なことだと思います。

通販をやったことのない人でもネット検索ができれば何の問題もありませんし、契約手続きの段階になればフリーダイヤルで保険に詳しいオペレーターのアドバイスをいくらでも受けられますので、電話を聞きながら画面入力を進めるといったことさえできてしまいます。


代理店の方々にとって、「自動車保険の加入は簡単」ということになれば自分たちの存在意義がなくなってしまうので、自動車保険は「素人には難しいもの」であって欲しいのでしょうが、実際には通販型自動車保険の普及によって自動車保険の加入手続きなどは本当に簡略化されています。

何しろネット加入の保険なのですから各社とも公式サイトのわかり易さ、使い易さには力が注がれていて、上から目線の代理店の説明などより遥かにポイントが理解できるようになっています。

百聞は一見に如かず、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサダイレクト等々どこでも良いですから先入観無しに通販型の公式サイトを一度覗いてみてください。

きっと「これなら初めてでも大丈夫」と思うはずです。

そしてやはり軽の保険は安い通販型がピッタリだと改めて思うことでしょう。


もう一つの「事故時の交渉などもみな自己責任になる」というもんだについては別のページで詳しく掘り下げて見ましょう。