「通販型は事故対応に問題がある」という噂はデマ

ディーラーは自動車メーカーと特約店契約を結んで新車販売を本業としていますが、副業として特定の保険会社と代理店契約を結んで自動車保険の代理店業務も行っているのが一般的です。

軽自動車を購入する顧客に車とセットのようにして任意保険を勧め、成約すればその保険料に応じた代理店手数料が保険会社から支払われ、それがディーラーの収入の一部となっています。

この代理店手数料が顧客の保険料に上乗せされているということだけでもディーラー勧誘の任意保険は割高になものであることがわかります。

そして、住宅を購入する場合損保代理店になっている不動産業が火災保険などをセットにして勧めるように、ディーラーは新車購入という絶好の機会に任意保険を勧誘するというわけです。

運転免許の更新のときに交通安全協会の加入や更新をセットのように促されるのと似ていると言った方がわかりやすいかもしれません。

任意保険が初めてだったり保険にあまり詳しくない場合は「そんなものか」と深く考えもせずにディーラーの勧める任意保険に加入してしまうことが多いでしょう。

ディーラーへの信頼感が高かったり買う車がお気に入りだったりすれば、そうなる確率は一層上がるかもしれません。

でも、まさにこれがその後割高な任意保険料を支払い続けることになる大きな落とし穴なのです。

ディーラでは「格安の通販型もありますが・・・」などという勧誘は絶対しないでしょう。

別に顧客を騙しているわけではありませんが、顧客が相場などを知らないのをいいことに自店の扱う任意保険を勧めるのです。

勧誘する任意保険だって、値段が高いだけで商品としては立派な保険ですから、良いものを進めているんだという認識かもしれません。

そして一旦この形で軽自動車の任意保険に加入すれば、その後しばらくの間はディーラー任せの保険を毎年更新し続けることになるでしょう。

その後、友人との保険料の話やTVのCMなどから「ウチの保険料、高すぎるんじゃない?」と運よく気付いて通販型に切り替えたら保険料が劇的に安くなり、「なぜもっと早く気付かなかったんだ」と悔しがるというのが一般的なパターンになると思います。

数年前にムーヴの保険料を通販型に切り替えた弟夫婦の場合もほぼ同じようなパターンでした。

ディーラーで加入した損保ジャパンから通販型のSBI損保に切り替えただけで保険料が半額近くになり、喜ぶというよりもそれまで払い続けた高い保険料を悔しがっていました。

もしあなたの軽自動車の任意保険がディーラー任せで加入したものであったなら、ぜひ一度、無料一括見積もりなどで他の保険会社と比べてみてください。

また、ディーラー加入の任意保険を長年更新し続けているのなら、次の更新のときに補償内容や加入条件が現実にあっているかをチェックし、その条件で通販型の任意保険と保険料を比較してみてください。

きっとその保険料の違いに驚くことと思います。